MENU

青汁に含まれる明日葉の特徴とは?

青汁の原料にも使われている明日葉

日本では、様々なメーカーが青汁を販売しています。原料となる植物はメーカーによって違いますが、明日葉は栄養価が高いため、多くのメーカーが原料として使っています。ビタミン、ミネラル、食物繊維はもちろん、特有のフラボノイドが含まれているため、強力な抗酸化力を持っていることが、明日葉の大きな特徴です。

 

日本女性は、便秘やむくみに悩んでいる人が少なくありません。明日葉は、良質の食物繊維を含んでいるので、むくみにも効果的です。また、カリウムも豊富なので、体内に溜まった水分を速やかに体外へと排出させることができます。

 

健康効果と美容効果について

明日葉は、健康効果と美容効果の両方が期待できます。紫外線を浴びると、活性酸素が大量に発生し、メラニン色素が生成されてシミの原因になります。しかし、抗酸化力と若返りのビタミンと呼ばれるビタミンCやビタミンEが活性酸素の害から肌を守ってくれます。ビタミンCは、コラーゲンの生成を促すので、肌のたるみやシワの改善効果も期待できます。

 

最近は、神経成長因子を増やす働きも大きな注目を集めています。神経成長因子が増えると、神経細胞の機能の回復にも役立ちます。そのため、認知症や末梢神経障害の予防についても研究が進められています。