MENU

青汁はニキビ・肌荒れに効果があるって本当?

 

青汁がニキビや肌荒れに対して効果的な理由

緑黄色野菜やフルーツ、野草や海草などの植物性食品を粉末化した青汁には、ビタミンや食物繊維、ミネラル、ポリフェノールなどの豊富な栄養素を含有しています。これらの様々な作用により、痛みや不調が改善されることになります。

 

たとえば、ニキビや肌荒れなどの皮膚の問題に対しては、ビタミンC、ビタミンB2などの成分が複合的にアプローチすることにより改善します。具体的には、ビタミンCにより肌のターンオーバーを活性化し、ビタミンB2により新陳代謝を促進することで、古い皮膚から新しいものに生まれ変わるという仕組みです。

 

腸内環境の改善により期待できる効果

青汁によるニキビや肌荒れに対しての改善効果は、身体の内側からもアプローチします。その際に主体的な役割を担っているのが食物繊維という成分で、腸内環境を改善するという作用を発揮します。一見すると肌とは無関係のように思えますが、実は非常に重要なポイントとなります。

 

なぜなら、腸内に蓄積した毒素は、血液を通って全身に送り込まれることになるからです。すると、毛穴に到達して炎症を引き起こす原因となるので、肌トラブルが発生することになります。腸内環境を正常化することにより毒素は体外に排出されるので、肌荒れの根本的な原因が解消されることになります。